そんな簡単に出会えるとは思えない

メルスタを使い始めたのは10代後半で、最初は無視されたり返信が無かったりで大変でしたけど、遊び程度でやっていたらだんだん仲良くなり最終的に半信半疑だったけど相手に会うことができました。その中でも恋人になったりした人も数人いましたがなかなか上手く続きませんでした。社会人になると普通の出会いはなかなかできず20代はひたすらサイトで出会って遊んでました。その頃は営業の仕事をしていたので、仲良くなった人に仕事の話をしたりしてたら興味を持ってくれて協力してくれたりその人から知り合いを紹介してもらったりで助かってました。ひとつ間違えると怖いイメージがある出会い系サイトも使い様によっては無限に活用できるんだなって思いました。

知り合いの主婦はメルスタで、10代20代30代と色々な年齢層と出会ってきたそうです。たくさん会えるし暇つぶしになると言うことをハマってるらしくすごい力説してきます。10代の男女は悩みを相談されたり、20代は仕事の相談や時には告白されたり恋人相手を紹介したりでやりはじまると忙しくて家事もままならないらしいです。一歩間違えたら知らない間に犯罪行為にも手を染めてたりすることもあるそうで気を使いところもあり得るもろ刃の剣のような存在。出会い系サイトは暇つぶしや本気で知り合いや恋人を作ろうとする人や現実逃避する人それぞれですが、両者に需要があるため消滅する可能性がないコンテンツだと思います。